マスク生活の長期化で顔のある悩みが3倍に?!そんな時にこんなメニューがおすすめ

私たちがマスクを日常的につけるようになって生活様式が変わりました。

暑い夏もマスクをつけて過ごし顔のある悩みが急増しているそうです。


それは顔のたるみ」。


「ドクターシーラボが行った調査では、マスク着用による肌悩みに「たるみ」を挙げた人が、2020年から2021年のたった1年間でおよそ3倍に急増。さらに、フェイスラインのゆるみ、全体的な肌のゆるみ、ほうれい線といった肌のハリや弾力・表情筋の衰えなど顔のたるみが原因と考えられる肌悩みも同様に増加しています。マスク生活により私たちの肌は、目に見えて下がっているといっても過言ではないこの実態。それには、これまでたるみの原因として考えられていた、紫外線や酸化、糖化、加齢などに加え、マスクのゴムによる肌への刺激、マスク下の表情のこわばりなど、現代ならではの多くの要因が存在しています。」

企業プレスリリース詳細へ


マスク生活の中で相手の表情がわかりにくくなりおのずと表情筋も衰えていきます。

広角をあげて話す機会が減っていたりそもそも人と直接会って話すことが極端に減っている人もいるのではないでしょうか。


顔のたるみが顕在化してくるとほうれい線の皴がくっきりして実年齢より老けてみやすい傾向も。


顔の皮膚は頭の頭皮と1枚続きでつながっています。

お顔のお手入れはもちろん大事ですが、実は美容室でもできるケアメニューがあります。


それがヘッドスパ。


お肌のターンオーバーが活発に行われないと頭皮から顔の皮膚までさがってきて顔のたるみへとつながります。

頭皮が1㎝下がるとお顔も1㎝たるむ。この1㎝の変化はとても大きいと考えます。

ヘッドスパで頭皮のハリが戻ればフェイスラインもすっきりし、結果リフトアップしてたるみ対策。



頭皮ケア=フェイシェルケアが重要


15分のヘッドスパは1時間の全身マッサージに匹敵する効果があるとも言われています。

それは頭皮には全身のツボが集中しているから。そして15分以上は(正確には20分以上)ノンレム睡眠は脳が休んでいる状態からレム睡眠の脳が働いている状態に移行していくので15分ほどが休息がとれてスッキリ目覚められる時間だからです。


ヘッドスパはただ気持ちがイイだけではなく、フェイシャルケア、エイジングケアにもなっているのでマスク疲れでお顔のたるみが気になり始めてきたらヘッドスパを定期的に行っていただくとベストなケアができると思います。


AZOOLがおすすめするヘッドスパはこちらになります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

モイスチャライジングスキャルプケア(FLOWDIA)

※単品の場合、別途ブロー料金¥1,650※      ¥3,520

※ブロー別※ 頭皮をやわらげ汚れを優しく除去。高濃度炭酸で頭皮の血行を促進。

フケ・かゆみを防ぎ、保湿成分で頭皮と髪に潤いとハリを与えて艶髪に。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


ヘッドスパは男女問わず頭皮環境の改善、髪質改善にも効果が期待できます。

試すきっかけがなかった方はこの機会に一度いかかでしょうか。





☆ご予約・お問い合わせ☆

  1. TEL予約   :03-5307-5188

  2. ネット予約  :ホットペッパービューティー

  3. AZOOLサイト:サイエンスアクアについて


LINEともだち追加はボタンをクリック









6回の閲覧0件のコメント